身体にいい水
水で健康ブログ情報


無料ストレスチェック!

スポンサードリンク

身体にいい水とは?

身体にいい水とは-小さな水

  身体にいい水とは、小さな水なんです

小さな水とは、水の分子集団(クラスター)が小さいということです
分子集団の小さい水は、吸収が早く、界面活性力が高く、水を酸化させない力(酸化還元電位)も強くなります

人間の細胞の大きさは、約20ミクロンです
細胞に水を取りこむには、20ミクロンより小さなクラスターで
なければなりません

水道水のクラスターの大きさは、120〜140Hz
身体にいい水の小さなクラスターは、40〜50Hz

もし、浄水器や活水機を購入予定であれば、水のクラスターを
どれくらい小さくするか? ご確認くださいね

クラスターの小さい水を飲んで、すぐに飛び跳ねてもチャプチャプ
しないのが瞬時に身体に吸収された証拠ですよ

身体にいい水とは、水の分子量(クラスター)の小さい水なんです

           水 水  

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。