身体にいい水
水で健康ブログ情報


無料ストレスチェック!

スポンサードリンク

身体にいい水とは?

身体にいい水とは-界面活性力の高い水

  身体にいい水とは、界面活性力の高い水のことです

界面活性力とは、油を溶かす力です
食器用洗剤や洗濯用洗剤には、界面活性剤が入っていて、この界面活性剤が油分を乳化して溶けやすくしています

しかし、飲み水に界面活性剤を入れるわけにはいきませんから、ある種の活水器や整水器などで作ることができます

界面活性力が高い水を飲むことによって、体内の脂肪分を溶かし排出することが出来ます
つまり、解毒作用(デトックス)があるということです
血管内のコレステロールなども溶かしてくれるので、血圧が下がり正常になるそうです
また、皮脂とよくなじむので化粧水代わりにもなります
それだけでなく、界面活性力の高い水を使えば、合成洗剤の量を半分近く減らしても汚れが落ちやすくなり、家庭排水を少なくすることが可能です

界面活性力の高い水を作る活水器などは、数多く販売されています
1H−NMR(水素原子核の磁気共鳴)法で測定された活水器であることをご確認くださいね
水道水を1.0とした場合で、中には2.5倍もの活性力のある活水器もあるそうですよ

身体にいい水とは、界面活水力の高い水のことなんですね

            水 水

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。