身体にいい水
水で健康ブログ情報


無料ストレスチェック!

スポンサードリンク

身体にいい水とは?

身体にいい水を飲んで健康になる

  本サイトの趣旨は「身体にいい水を飲んで健康になる」こと

どんながいいのか? どう飲めばいいのか?
ガン難病、生活習慣病に効くは? アトピー通風に効くは?

このサイトでは、水を飲んで健康になることを目的にしていますが
医学的な証明・根拠のあるものではありません。
ほとんど体験に基づく情報から整理してまとめています。
決して、100%の効果があるものではありません。
このサイトで紹介するを飲まれる場合は、自己責任にてお願いします。
ご自分の身体に取り込むですから、ご自身でご判断下さいね。
               水 水

身体にいい水とは?

身体にいい水とはあなたに合った水

  身体にいい水とは、あなたに合ったです

日本では数千種類もの、“  ”が販売されています
さまざまなミネラルウォーターが簡単に手に入ります
それぞれに特徴のある温泉、湧き、井戸、鉱泉などです
これらのには、○○に効く、といった情報もあふれています
 (このサイトでも紹介していますが・・・)
確かに、そのを飲んで現実に○○に効いたという人たちもいます
しかし、同じを飲んで果たして、あなたに効くでしょうか?
体質や症状は人それぞれ違います
大事なことは、あなたに合ったを見つけることです
 (そんなこと言われなくてもわかってる? ^^ )

たとえば、熱中症になった人の体内のは煮詰めた海水のようになってます
この人にいくら水分が必要といっても、いきなり真を与えてしまうと細胞の内と外での濃度が違い過ぎて、細胞壁が壊れてしまうかもしれません
そうなると、まさに生命の危機です
熱中症の場合は真ではなく、スポーツドリンクのような電解質を含んだでなければなりません

体質や体調により、人に合う水また様々です
実際に飲んでみなければわからないでしょう

高齢者はカルシウム不足により、骨粗しょう症が増えています
では、カルシウムを多く含んだ硬水がいいかというと一概には言えません
腎臓の悪い人がカルシウムを多く含んだ硬水をたくさん飲むと、結石が出来やすくなるからです
腎臓に問題のない人であれば、硬水を飲む効果は出るかもしれません

胃腸の弱い方ならば、胃が酸性に傾いている可能性がありますから、アルカリ性の高いが胃を中和させてくれるでしょう

あなたの治したいと思う症状には、どんな特徴を持ったが合うのか?
あなたに合ったを探すことが大切です
身体にいい水とは、あなたの体質・体調・症状に合ったなんですよ

        水で健康@水は身体に効く

身体にいい水とは?

身体にいい水とは-界面活性力の高い水

  身体にいい水とは、界面活性力の高い水のことです

界面活性力とは、油を溶かす力です
食器用洗剤や洗濯用洗剤には、界面活性剤が入っていて、この界面活性剤が油分を乳化して溶けやすくしています

しかし、飲み水に界面活性剤を入れるわけにはいきませんから、ある種の活水器や整水器などで作ることができます

界面活性力が高い水を飲むことによって、体内の脂肪分を溶かし排出することが出来ます
つまり、解毒作用(デトックス)があるということです
血管内のコレステロールなども溶かしてくれるので、血圧が下がり正常になるそうです
また、皮脂とよくなじむので化粧水代わりにもなります
それだけでなく、界面活性力の高い水を使えば、合成洗剤の量を半分近く減らしても汚れが落ちやすくなり、家庭排水を少なくすることが可能です

界面活性力の高い水を作る活水器などは、数多く販売されています
1H−NMR(水素原子核の磁気共鳴)法で測定された活水器であることをご確認くださいね
水道水を1.0とした場合で、中には2.5倍もの活性力のある活水器もあるそうですよ

身体にいい水とは、界面活水力の高い水のことなんですね

            水 水

身体にいい水とは?

身体にいい水とは-小さな水

  身体にいい水とは、小さな水なんです

小さな水とは、水の分子集団(クラスター)が小さいということです
分子集団の小さい水は、吸収が早く、界面活性力が高く、水を酸化させない力(酸化還元電位)も強くなります

人間の細胞の大きさは、約20ミクロンです
細胞に水を取りこむには、20ミクロンより小さなクラスターで
なければなりません

水道水のクラスターの大きさは、120〜140Hz
身体にいい水の小さなクラスターは、40〜50Hz

もし、浄水器や活水機を購入予定であれば、水のクラスターを
どれくらい小さくするか? ご確認くださいね

クラスターの小さい水を飲んで、すぐに飛び跳ねてもチャプチャプ
しないのが瞬時に身体に吸収された証拠ですよ

身体にいい水とは、水の分子量(クラスター)の小さい水なんです

           水 水  

身体にいい水とは?

身体にいい水とは有害物質を含まない水

  身体にいい水とは、有害物質を含まないです

水道に塩素が含まれていることは、みなさんご存知でしょう
塩素だけでなく、全国の水道からは、高濃度の有害科学物質が検出されたと1980年代に発表されました

ゴルフ場の農薬や米を作るための農薬などが、土壌に浸み込み近くの川を汚染してきたことは有名な事実です
それらの汚染された川から取り入れたを塩素で消毒したのが、現在の水道です

健康のためにを飲むのならば、有害物質を含まない安全なにしたいものですよね
そのために、少なくとも家庭の水道の蛇口には、なんらかの浄水器を取り付けた方がいいでしょう

身体にいい水とは、有害物質を含まないです

     水 水

身体にいい水とは?

身体にいい水とは常温の真水

何故、真水が身体にいいのか?

真水というと、なんだかお腹をこわしそうなイメージがありますが
実はお茶よりコーヒーより、もちろん炭酸飲料やアルコールよりも
身体に優しいのは真水なんです
できれば、常温の真水です

まず、沸かしてないので、の中に酸素がたくさん含まれてます
沸騰させてしまうと、肝心な酸素がから無くなってしまうんです
沸騰させたで作ったお茶やコーヒーなどをいくら飲んでも、水分の正しい取り方とはいえません

酸素のない水分を取ると、身体の中で本来の水に戻ろうとして、体の中の酸素を奪います
すると、体の酸素が足りなくなってしまいます
また、にせっかく含まれてるカルシウムインも、沸かしてしまうと働らかなくなってしまいます

常温がいいというのは、体温の半分の18度くらいのが胃に優しいからです
冷たいも熱いお茶も、胃の粘膜を荒らします
本来、健康な人は、熱すぎるも冷たすぎるも体が欲しがらない
冷たいものを要求する人は、おそらく胃が熱を持っているためでしょう

身体にいいのは、常温の真水ですよ

         水 水

身体にいい水とは?

身体にいい水とはミネラルバランスの良い水

  身体にいい水とは、ミネラルバランスのいいです

ミネラルとは、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム
ケイ素などの金属元素群や、リン、窒素などが含まれます

これらのミネラルが、に含まれていて人間の身体に吸収されるためには、イオン化している必要があります

地球上に降った雨水が、地層や岩石などに含まれるミネラルを溶かし、さらにゆっくりとろ過されて湧き水となったり井戸水で汲み上げられたりしたものが天然のミネラルウォーターですね

ナトリウムやカルシウムが含まれる割合によって、おいしいになったり、健康に良いになったりします

ミネラル成分がまったく含まれないは、生物が生きるうえにおいて
決して良いではありません
むしろ、健康を害してしまいます

身体にいい水とは、ミネラルをバランス良く含んだなのです

     水 水

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。